bbpersonalhistoryBの日記

脳梗塞患者入門中の毎日

低気圧の底に向かって、滑り降りて行く気分だ!ズリズリと深みに嵌って行く気分!抜け道は見えない!おぼれてしまいそうだ!

この天気はきついな!からだと天気の境がない!だから、外界の空気に埋もれてしまう!ましてや、冷房が入ると、自分の内側から、外部へと向かうものが、無くなってしまう!


f:id:bbpersonalhistoryB:20240711123837j:image
7/11(木) 朝ごはん


f:id:bbpersonalhistoryB:20240711123945j:image
7/11(木) 昼ごはん

私に、良かれと思って、意見すると、私の頑固の逆襲を喰らう!その逆襲に、意見した側が、腹を立てる。親切で言っているのに、何で言うことを聞かないのか?と、言うのが、腹を立てる原因になる。駄目で、何を言っても、どうしょうも無い、馬鹿なやつだと思って、関われば、腹も立たないことだろう。何とかしてやろうと言う、思いは、そもそも余計なお世話である。

頑固と言うのは、私の魂の有り様だろう。1つの個性だ。性格とも言える。私は、私の魂に従って、生きて来た。竹内レッスンでの活躍も、私の個性に、従っただけだ。それを今更、何とかしてやろうと願うのは、よほどお人好しの親しい友人か、家族くらいのものだろう。私は、私らしさを、誰が何と言おうが、貫くだけだ!その結果、地獄に落ちるのなら、仕方がない。私自身を貫いての結果だから、地獄に落ちても、幸せだ!私に意見をするな。私に世渡りの手段など、説いては行けない。口を閉ざさざるを得ないような、しっぺ返しにあうのだ。私のことを思い、何とかしてやろうと、ことばを重ねるのは、分かるが、気が重くなり、私に腹をたてるだけだ。そんなことやめたほうが、幸せに笑っていられるだろう。


f:id:bbpersonalhistoryB:20240711165928j:image
7/11(木) 3時のおやつ(桃は何年ぶりだろうか?)

 

1つの完成された個性に変容を迫ることは、間違いである。動かしようの無い個性を変えることは、不可能だ!どんなに、不幸に見えても、私はこうして生きて来たのだから!「私に理想を重ね合わせるのは、あきらめよう。そうすればお互い笑って過ごせるだろう。ストレスなんてものはどこにも無い!」現在の生活の問題。悪かったのは、時代である。こんな時代になるとは、ただ、幸せを目指して待つ直ぐ生きてきた、私には対応できなかった。

私の個性が全力を尽くして、レッスンをして来た。そこには、幸せが在っただけだ。他には、何も無かった。それがレッスンのあり方だ!

 


f:id:bbpersonalhistoryB:20240711192635j:image
7/11(木) 夜ごはん

 

私は、病気への反省(生活習慣病)への、反省と恐れから、自分に否定的になっていた。自分の個性を否定的にとらえるて、自分の個性を捻じ曲げようと、していたようだ。それは、苦しかった、痛かった、いきができなかった。苦しさの中から、個性は育たない。私は、これまで50年近い日々を、私の個性を前面に出して、生きてきたのでは無かったか?

少なくとも40年は、生きてきたのだ!

否定しようがない事実である。

それをいまさら、変えて違う生き方をしよう、などと言うことは、無理なことである。そんなことをしたら、自分の首を自分でしめるようなことだ!家族く苦しさ辛さは、当然なのだが、何か返答されると、喉元に刃物を突き付けられるやうなものだ。家族が必死で私に関わるのだから、何とかしようと、思うのも、人情である。

ようやく、踏ん切りが付きられたようだ!

ともかくきつかったと、いまは、思う。

日々のストレスを作らずに、もっと楽しく過ごしたい。小さな私の望みてある。

 

今朝は、成子坂下のスタジオで演劇の稽古をしてる夢を観た。ラーメン屋を探してスタジオ周辺を回った!内木英二も、亡くなった菊地慎吾も出てきた。喧嘩は、していなかった!さあ!もうすぐ舞台本番だ!菊地と内木の人脈を生かして、若い人を育てて行こう!合宿所で活動していた!

 

今日は、このくらいで!

長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。、おつかれさまでした。おやすみなさい!