bbpersonalhistoryBの日記

脳梗塞患者入門中の毎日

5/17(金)明るい空だ。真北を向いた窓に、陽が一杯にあたっている。年に一度のお祭だ!

わっしょい!わっしょい!

太陽のお祭り日!

5/17(金) 朝ごはん

『ばんの肋骨二本骨折の顚末。あ~痛かった!良く休んだ!』

 

今日は8日前の、骨折のことで、デイケアの看護師さんから、言葉をかけられた。彼女曰く、転倒前日5/7(水)に、元気がなさそうなので、様子を見て、私に声をかけてくれたそうだ。「元気がないね?」と言われて、私の答えは、「からだとこころの、バランスが崩れているみたい。」そう答えた、次の日に転倒、骨折である。事前に何かを気づいていたみたい!と彼女は言った。「からだとことば」を1つの繋がりの文脈で語ったのが、珍しくて、話をして来たのかと、思ったが。それだけでは無いらしい。

確かに数日前から、足の筋トレをやると、疲れが深く、ぐったりした日々が続いていた。火曜日、水曜日の、午前に訪問リハビリがあった日の午後は、気分も落ち込み、元気が出なかった。なにか足がおかしいぞ!と言う自覚は在ったが、リハ担当者とからだの見方が合わないからと、不調の理由を相手のせいにしていた。それが、一昨日リハのストレッチを受けていて、気がついたのだけど、左足の中、中心近くに、鉛の棒のような、力の抜けない、筋肉が固まっている。動こうとすると、鉛の棒が邪魔をする。固まっていることには、無自覚であったから、何か変な感じとしか、言葉にならない。何をしても、中心の力が抜けないので、運動すると、直ぐ過労である。もう少し表層の、筋肉疲労であれば、自分で気付いただろう。転倒には、至らなかっただろう。全く、からだのバランスが、崩れていたのでコントロールができなくなっていたのだ。自分では、こんなに強く緊張していることにが、意識されていなかったのである。だから普段どおりに、力を入れれば、なんとかなると、思っていたのだ!中心の棒のような、緊張は、力をいれる程に、硬く硬直していくのみで、緩むことができなくなっていた!ようだ。結果として、転倒!その痛みは、辛かった。

5/17(金) 昼ごはん(GreenVoice食堂)

でも、転倒のお陰で、全く動けない日が続き、筋肉は、休息せざるを得なかった。十分にやすんだ。

骨折のお陰で、休息出来たのである。からだ全体の動きも楽になって気分が良い日が続く。

骨折様々である。「心」では、楽になりたいと願っているのであるが、「からだ」は抜こうとすればするぼどに、硬直してくる。まるでブレーキで完全ロックをしながら、アクセルを全開にしてエンジンを全力て、回しているような、状態であろう。
f:id:bbpersonalhistoryB:20240517145756j:image
これでは、ホッドロッドのスタートだ。高出力でエンジンは爆発してしまう。運動しようとすればするほどに、ぐったりするのは、当然である。

「こころ」では、前進のためと足に力を入れるが、「からだ」は、どんどん固まって行き、前進が妨げられる。「こころ」と「からだ」が逆を向いた、酷いアンバランスだ。

(意識で)力を抜こうとすればするぼどに、力が入ってしまうという、あれだ!しんどいよ!面談なんかで、よくあるパターンだ。

らむね、十六歳のおばあちゃん犬、每日お祭り!腰は弱いが、私のような、酷い力の入れ方はしない。だから、人間の年齢で100歳近くなっても元気で自由だ!

お日さん、元気!

わっしょい、わっしょい、お日様わっしょい!

 

私の辛さを見て取った、デイケアの看護師さんは、見事である。「こころ」と「からだ」の関係に実際の現場で気づいてくれる人は、なかなかいない!大事にしなければ!

からだの無理の、原因は心の在り方に繋がる。そこを伝えたくて、下手な文書を延々と綴った。お許し下さい。ご理解いただければと思います。ありがとうございました。

 

夏の西日だ!暑いぞ!無事夏に突入。気候が変わり一歩先に。年寄り達が元気になった。おしゃべりが賑やか!梅雨までの短い間だけど、過ごしやすい、天気だ!

 

5/17(金) 夜ごはん

 

お祭りの夜は、豚の生姜焼き!ビール🍺が、美味いだろうな😭お疲れ様でした。ごちそうさま。お日さま、素敵な1日を、ありがとうございました。