bbpersonalhistoryBの日記

脳梗塞患者入門中の毎日

施無畏、小金井リハ時代に、脳に刷り込まれた、恐怖心からの脱出!子供の頃から恐怖心からの脱出が行動の原理になってあなかったか?妻に対する思いもそうだ。自分の課題が観えた気がする。た

1/23(火) 朝ごはん

施無畏とある。

私の生き方を、方向づけているのは、恐怖心だと思う。

怖れが、様々な場面で、私の中心に居座っている。怖れ無きを施す。観音経のワンシーンである。

私も自分の中の「畏れ」を消し去りたい。其の為ならばいのちも惜しくない。

小金井リハビリ病院では、恐怖に囲まれていた。その中で、恐れを抑え殺して、生きるために頑張った。恐れを抑え殺すのが習い性になっている。杖歩行もそうだ。怖さを押し殺すのが、杖歩行だ。

 

円覚寺では、痛みの足の折れる恐怖と闘ったということだろう。そこに悟りの光がやって来た。

母も父も恐れを抱いて、それを我慢して、乗り越えた。

だから2人はいくつになっても噛み合わない。

 

1/23(火) 昼ごはん

 

1/23(火) 夜ごはん(こういうのが食べたかった!食べたら気分が落ち着いた。)

 

若さがあるから、中途半端な答えでは我慢できない。諦められない。だから苦しい。八方塞がりだ!もっといい加減な性格なら、良かったかも。