bbpersonalhistoryBの日記

脳梗塞患者入門中の毎日

風が強く吹いている日。立っているのが大変だった。今日の風は杖歩行泣かせ。バランスだけで身体を支えているので、所構わず、姿勢を小さくして身を屈めて、風を避けるわけには行かない。風があっちこっちから身体に体当たりを食らわせる。普段は風は一方向からある強さで吹くように思うだろうが、杖歩行にとっては、風邪の礫が、一斉にあっちこっちから私を倒そうと、ぶっつかって、来る感じ。怖いのだ。

1/4(木) 朝ごはん

 

太腿体操のお陰で、左腿の筋肉が着いて来ている。左足の感覚も育ってきているので、一歩一歩がはっきりしてきている。健足と同じく、足の裏で床の感じが分かる。漠然とどこやら分からぬところを歩いているわけでは無い。大地に根を下ろしながら歩いている。装具と麻痺足で二足交替(二足歩行)もできそうだ。

 

一昨年2024年1月4日以来、凍っていた身体に1年ぶりで、氷が溶けて身体の内側に春が来た。

あの春の温かさ。汗ばむような春。上着を脱ぎ捨てて、風を肌に当てる。汗をかくことのうれしさ。新春の名の通り。一足先に春が来たよ。